×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プリザーブドフラワーとは

プリザーブドフラワーとは、植物の一番美しいときに刈り取り、すぐに樹液を取り除き、人体に無害な有機物と色素を植物自身の力で吸い上げさせ、みずみずしい姿を数年、保存状態がよければ10数年にわたり保ってくれる、プリザーブドフラワーとはまさに夢のような花のことです。プリザーブドフラワーの花の種類はローズを中心に、カーネーション・アジサイ・デンファレ・カラー、グリーン素材も豊富に有り、カラーもバリエーションが豊富で、生花とは違ったデザインを楽しむことが出来ます。1991年にフランスで誕生したブリザーブドフラワーは1996年頃から日本に輸入され始め、今では全国的に普及し、フラワーショップやインターネットでもプリザーブドフラワーは手軽に入手することが出来、枯れないなどの点が注目され、プリザーブドフラワーはウェディングブーケやテーブルフラワーなどとして利用されています。プリザーブドフラワーは日本でも女性を中心に一定の人気があり、数多くの教室が開かれています。またプリザーブドフラワーの専門店も増え、色々なプリザーブドフラワーギフトもあります。

プリザーブドフラワーの作り方教室@

プリザーブドフラワーはプリザーブドフラワー教室もたくさんありますが、自宅でも作ることが出来ます。プリザーブドフラワーは特殊加工される過程で薬品を使用していて、生花をエタノールで漂白し、グリセリンと染料で色を付け、やわらかな質感を出すのです。自分でも作れるプリザーブドフラワーの制作キットやプリザーブドフラワーの加工に必要な保存液も売られていますので是非作ってみてください。敏感肌の人は制作過程で手が荒れることがあるかもしれませんのでゴム手袋などの方法で対処し、エタノールはアルコールですので、火気に十分気をつけてください。プリザーブドフラワーの魅力は生花にはない色合いと、長く楽しめることです。自分だけの作品を安心して是非つくってみてください。

プリザーブドフラワーの作り方教室A

プリザーブドフラワーの作り方についてですが、自分で作る分 お値段も完成品アレンジギフトよりお得なプリザーブドフラワーの制作キットを購入し、自分でプリザーブドフラワーを作ってみましょう。キットになっているので手軽にプリザーブドフラワーを作ることが出来ます。また、 プリザーブドフラワーは自分で脱色液を使って作ることもできます。1) 脱色液(エタノールなど)を入れた容器に花をつけ込み、花の水分とエタノールを置き換えます。(2) 花に、色をつけたグリセリンを吸わせてからエタノールで洗浄します。植物が持っている自然の力で吸い上げるため自然な風合いに仕上がります。 (3) 花を乾燥させたら、プリザーブドフラワーのできあがりです。 薬剤を用いますので、取り扱いには充分注意してください。手触りも柔らかいプリザーブドフラワーは、とてもデリケートなので、丁寧に扱ってください。

Copyright © 2008 プリザーブドフラワーの作り方、あなたを放ってはいきません